« April 2006 | Main | June 2006 »

May 27, 2006

GOLD

今日は田中貴金属へ勉強に行ってきました。
動機は取引先の人から金を買っておくといいよ。
と言われたからです。←すでに高すぎますが・・・・。

色々と話を聞いている内に、最近の金相場の
下落の話が出ました。
金の相場が急激に騰がると支障がでるので、
調整の為に売りを出して価格を操作するそうです(笑)。
価格が下がると買いやすくなりますしね・・・・・・。
私はそれってヘッジファンドの事ですか?
と聞いたのですがはぐらかされました(笑)。
うーん、資産分散で金を買おうとしたのですが
まるで株式投資と同じじゃんって感じです。
石油の話とか商品の話もでましたが、
まぁ、勉強にはなりました。

当面金を買うことはなさそうです~。
ゴールドバー1kgで250万円は・・・・・・。
因みに取引先は年間に500kg金を使うそうです。
金箔製造もなかなか大変な仕事ですね。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

May 23, 2006

夜明け前が

一番暗い。

後4発玉が残っていますので、
馬鹿になって買い向かいます。
結果がどうなるかは解りませんが、
私のレベルでは安い時に買い向かう。
この投資法しか・・・・・・・・・。

失敗ならば株を持っていることを忘れます(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 20, 2006

ぽじ・・さん、B4さん・・・。

ようやく休みが取れました~。

私のサボり中に書き込みをいただき、
感謝しています(ぺこ)。
私の書き込みよりもお二人の書き込みの
方がレベルが高いので助かります&
ここに遊びに来た方はチェックをお勧めします。

この所の下落で保有銘柄の含み益の内、
半分以上が逃げていきました(苦笑)。
もちろん、逃げ遅れたので売っていません。
逆に、トヨタ、SB、日本精鉱を買いました。
SBはすぐにでも利益確定するつもりです。
トヨタは長期銘柄にし、日本精鉱は
目標550円です。←皮算用。

今回の下落は事前に予想していたので、
キャッシュを多目にしていました。
よって色々買うことができました。
勿論、まだ下がるかも知れないので、
全力投球ではありません。
各銘柄を再度買う資金は残してあります。
買わずに済めばそれで良し、
買う状態になれば迷わず買う方針です。
本来は全力投球は避けたいのですが、
今回ぐらい下がればOKでしょう。←多分。
更に下がるような事になれば・・・・・・。
含み益がゼロになる前に全軍撤退でしょうか?
まぁ、現物でしか取引していないので、
焦る必要もないと考えています。

話題変更。
師匠の有料サイトですが本当にお勧めです。
少しだけですが引用させていただきます。

トレンドとは、テクニカルを踏み潰す。です。
考えちゃう言葉です。
今はどうなのでしょうか?

追記。
この文面を書いてから色々勉強してきましたが、
産油国株式、インド株式、ロシア株式、商品相場の下落。
これをオイルマネーと絡めると確かに不安材料です。
原油高で余裕がでたオイルマネーを金融市場で回収する。
アメリカさんの考えそうな手ですね(苦笑)。
日本の貿易黒字だって日本人が使うのではなくて、
結局はアメリカ人が使ってますから・・・・・・・・。
早速、指値を入れようとしたら、証券会社さんがお休みです。
三菱UFJ証券は休みが多すぎます。
週明けの昼休みは忙しくなりそうです(苦笑)。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

May 05, 2006

平和憲法と言われるのは

やっぱり、交戦権の放棄が大きいですね。

世界に類をみない←勉強不足かも・・・・・。
稀有な条項です。
この理想的な条項を改正するには忍びないです。
でも自衛権とか自衛の為の戦力は保持するとかは
必要な気もします。
ただ、アメリカさんに利用されすぎない抑止力には
なっているような気もしますし、
どっちがいいのでしょうか?

| | Comments (17) | TrackBack (0)

May 04, 2006

日本国憲法第9条について

第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする
     国際平和を誠実に希求し、
     国権の発動たる戦争と、
     武力による威嚇又は武力の行使は、
     国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

   2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、
     これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

先ず最初にお断りしておきますが、私は自分自身はリベラルと
考えていますが、友人からは右寄りって言われる事があります。

まず、2項の陸海空軍その他の戦力はこれを保持しない。ですが、
前項の目的を達するためと書いてはありますが、
これは単純に軍を保持しないと解釈するのが素直な考えと思います。
じゃ、自衛隊とか海上保安庁はどうするの?
さて、どうしましょう?
90式戦車、イージス駆逐艦、F15戦闘機・・・・・・・。
陸、海、空の戦力ですよね。
今の私の考えは、日本国憲法を変えるか自衛隊、海上保安庁を
廃止するかの選択を政治家と国民が真剣に議論すべきと思います。
それも早急にです。
法治国家において憲法違反を続けるのは、
外交とかもっと言いますと国民生活にも悪影響を及ぼします。
だって、子供を叱れないじゃないですか。
日本国民全員が、法律違反を黙認していては・・・・・・・苦笑。

今度、駐車違反とかで警察官に取り締まられたら、
国家として憲法違反を黙認しているのに、私の駐車違反を・・・・。


>武力による威嚇又は武力の行使は、
 国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

交戦権の放棄は基本的には賛成です。
ですが国際法で認められている交戦権を放棄するのも
色々問題があります。
つい最近、竹島に調査船を送る問題で韓国ともめちゃいましたが、
日本は弱腰にならざるを得ませんでした。
竹島問題は国際紛争なんです~。
海上保安庁の船舶をだせる訳が無いです。
また、韓国側も日本は強く行動できないと読まれていますね。
だって日本国憲法に書いてあるのですから。

さて、日本国憲法第9条を尊重すべきでしょうか?
それとも改正すべきなのでしょうか?

私にはよく解りません。
ただ言えるのはこの問題は国家100年の計クラスの重要問題です。
しかも早急に結論をだすべき問題と思います。
また、日本国憲法は人が作った物で、永久に文面を変えないとの
主張には組しえません。
時代の流れに合わせて、日本国民の幸福な生活、地球レベルの
平和と環境を成し遂げる為に改正すべきと考えています。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »