« てんやわんや・・・・・。 | Main | 損きり(再考)。 »

April 28, 2007

格差社会って・・・

先ほど、ニュースで連合が格差社会の
是正の為に最低賃金の引き上げって
アピールしていました。

いやぁ、勝ち組の意見ですねぇ(苦笑)。
私からみればうらやましい限りです。
私の取引先が今月で自主廃業されます。
仕入先に迷惑を掛けないうちに・・・・・・・。

民主党、社民党の党首の方々の表情を
見て複雑な気持ちになりました。
自主廃業されると聞いてご挨拶に
伺った時の社長の涙が忘れられません。

世の中に意見を述べる機会も無く、
また術も無い人が大勢います・・・・・・。
どうしようもない事かも知れませんが。

|

« てんやわんや・・・・・。 | Main | 損きり(再考)。 »

Comments

弟の奥さん方の父親(70歳台)が痴呆の症状です。
1年前からその傾向が顕著になり、06年末から自宅介護ケア(ヘルパーさん)を利用。
父親の奥さん(60歳台)は日常の面倒を見るのに非常に大変になり、弟の奥さんも週に2-3日手伝いをして忙しかったそうです。

この4月から痴呆をケアする老人精神化の病院に入院ということになったようです。
2-3ヶ月の予定。 これで、家族の介護の負担は軽減されます。
病院入院費用はかかりますし、痴呆の症状を止める・遅らせる治療もされるでしょうが、周囲が見知らぬ人ばかりになり、かつ、しょっちゅう側について語りかけたりしての言葉の刺激は少なくなるので、進行を遅らせられるのかは期待できるのかどうか?
(現在本人は、家族を認識できなくなっています。)

56歳で定年し、日柄TVを見て何もしない生活で10年経過後に発症してしまいました。

脳の中にアミロイド(変性タンパクのゴミ)が貯まる症状だということです。
血管の血流障害や脳梗塞が主の原因ではなくて。

Posted by: B4 | May 03, 2007 at 12:30 AM

入院の措置は、家族による在宅ケアも負担が大変だということで、ケア・マネージャーさんの判断と受け入れ病院を探すことで、入院の運びとなりました。

ケア・マネージャーさんの力量や人柄、ヘルパーさんのやる気や経験・人柄に大きく左右されるのが、介護の現場です。

私の近所の知り合いの主婦も、84歳の母親の介護を自宅でやっています。
痴呆はありませんので、入浴介助などが中心です。

Posted by: B4 | May 03, 2007 at 12:34 AM

B4さん、こんにちは。

色々ありがとうございます。
今の所はケータイを持たせたのと、
病院に予約をしたぐらいです・・・。
名古屋市でも痴呆に有名な病院が
あって予約したのですが、
7月の後半にしか取れませんでした。
ちょっと驚きました。
同じような人が大勢いるのですね。

長生きが問題なのか食生活なのか、
複合問題なのでしょうか?

Posted by: のほほん | May 04, 2007 at 12:40 PM

”心に青雲”・・・このブログ主によりますと、心配毎などが日常にない=安心した生活・・・だと、緊張が緩んでしまい危ないという感じです。

のほほんさんが結婚され、それが唯一の懸案事項だったとすると、それが解消された反動・・・かもしれません。

お金などの心配事だとか、没頭する趣味があるとかなり予防されるのではないでしょうか。
庭、花壇や家庭菜園など、土いじり・・・ペットの世話など生き物を日々世話したり気に掛けるのも良さそう。

本や新聞を読む、数を数える、手作業をする・・・これらは良いようです。

日柄、TVばかりを長時間見る受身は良くないでしょう。
特に地上波は危険な気がします。
NHKの特集物などは別として、民放はとにかくバラエティーとCMばかりで集中して見れません。
それら、番組を見ても頭は使いませんし。

Posted by: B4 | May 04, 2007 at 07:05 PM

B4さん、お早うございます。

確かに母親は心配事はゼロですね・・・・。
趣味とか頭を使う事を探してみます。

Posted by: のほほん | May 05, 2007 at 10:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31540/14875155

Listed below are links to weblogs that reference 格差社会って・・・:

« てんやわんや・・・・・。 | Main | 損きり(再考)。 »