« 損きり(再考)。 | Main | いやはや・・・・。 »

May 13, 2007

ちょっと極端でしょうか?

http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea1.html

韓国はなぜ反日なのか?です。

ちょっと右翼っぽいですが、
こういう見方もあるのかって・・・・・・・・・。
真実は一つしかないのですが、
本当の事を知りたいですねぇ(苦笑)。
真実を知らずに未来を考えることはできないと
私は考えています。

たとえ困難があろうとも・・・・・・。

|

« 損きり(再考)。 | Main | いやはや・・・・。 »

Comments

戦後、李承晩→朴正煕→全斗煥→盧泰愚→金泳三→金大中→盧武鉉
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98#.E9.9F.93.E5.9B.BD.E5.A4.A7.E7.B5.B1.E9.A0.98.E4.B8.80.E8.A6.A7

1970代まで軍事政権(盧泰愚まで)、戒厳令もありました。
北で洗脳され帰国した盧武鉉を大統領に選出した時点で、この国はかなりヤバイ流れに乗り出しました。

中国(1次大戦前の旧宗主国)が台頭することで、経済も通貨も韓国の存在感は薄れてしまいます。
1990年代に東南アジア出張をした時、韓国ビジネスマンは嫌われていました。
カラオケで喧嘩しマイクを離さない・奪い合う。
ゴルフ場では暴弱無人の振る舞い・・・東南アジア人を見下す。
そして、気性が荒く乱暴な言動と振る舞いが評判良くなかったです。
(現地代理店の人から聞いたことで、私が直接目にした光景ではありませんが・・・。)

Posted by: B4 | May 14, 2007 at 01:09 AM

のほほんさん、こんばんは。

日曜の日経に「コリアファンタジー」なる
コラム記事載っとりました。北鮮への対応を
チェンバレンに例えとりまひた。同記事ないで、
「危険な幻想・原題ザ・チャイナ・ファンタジー」
を引き合いに出し、より危険と説き、力で対処する
しかないと説いておりまふ。(軍事力実効の選択肢無き
言葉のやりとりは、無駄であると断言が的確?)
「危険な幻想・原題ザ・チャイナ・ファンタジー」で
おもろいなぁとおもたのは、米帝でも、中共の専門家
いわれる人々は、日本のチャイナスクールといっしょで、
中共のつごうの悪いことがでると、スルーすると同時に、
発言を求められても答えないとか。しかも、まるで、
なにかにおびえるように・・・。
ただ、中共の核は善い核だとまでは、言わないようですが(笑)。

日経にこないな、コラムが載るということは、
どこぞで、なにかがウゴメキダシテる?でひょか???
日経は朝日と記事の相互載りあいみたいなことしてた
はずでふから、手を切りたいことでもでてきたのでひょうか?

そいはさておき、今週の東洋経済に大連に日本人を
コールセンター員として、送り込み大量採用している
日本法人がでてきた記事ありまひた。
もちろん、中国賃金で・・・アイヤ~でふ。。。
これは、事例であり、主旨は、職種による賃金の
グローバル化でふ。この特集の中で一番よかったのは、
官という種族は特権を維持するに、いかに手段
選ばずかを、事例を上げ説明していることでふ。
記事では、「労働契約を結んで雇用しているわけでは
ないから、就業規則にも関係なく有給休暇もなく
交通費もない。社会保険の対象でもない。」とする
官側のコメントを載せておりまふ。そのココロは、
仕事の対価を賃金として支払わず、
【お礼】であるとして、賃金ではないから、
雇用しておらず、社会保険の対象でもない・・・
職安・社保事務所にも蔓延が結びっす。(爆笑)
(正規教員税込み60万・臨時教員税込み10万ある?
といのは、よく聞くはなしでふが.・・・)

労働組合をバックにする民主党がこの官の問題に
コメントしたと聞いたことおへん・・・
二枚舌だとほざいたやつらですが、じつのところ、
「生活に密着した政策」という大嘘をついてる???

南鮮に関しては、観察対処は、必要でひょが、
《無視》が最善でひょ。次期FX選定にイチャもん
つけるだけでなく。すでに、米国に対して
日本を仮想敵国として想定すべきだと、米韓軍事
協議のさい申し入れしているとか。店頭に並ぶ
中・韓・軍事力比較本に載っとりまひた。ムック本が
出所というのが、精度に欠けまふが、コノ手のことを、
大マスコミはスルーするので、無視できる情報では
ないかなぁ~と。。。で、↓↓↓を(ご存知かとおもいまふが)
http://koreanthe3rd.jp/archives/6

↑↑↑の方が言っておられるように、在日は外国人なのです。
外国人が滞在国で政治に参加したくば、国籍を取得すれば
よいのです。(いずれ国に帰ると言って保険料支払拒否した
事例が大半にも関らず、年金ヨコセ。一時が万事、これでは・・・)
このHPの主催者が言うように、遠からず、彼らは選択を
迫られるでしょう。○△系日本人として国籍を取るか。
母国へ帰るかを・・・
この点に関しては、米国の市民権選択方式がゴチャゴチャ
せず、いいでふね。個人の自己責任でふし。

Posted by: ぽじ・・ | May 14, 2007 at 03:25 AM

そういえば、台湾総統(年央)と韓国大統領(年末)の選挙も今年あります。

91年のソ連崩壊を80年代に予測した小室直樹氏は、資本主義市場経済を採用した中国が、イデオロギー上は台湾化せざるを得ない・・・と書いています。
つまりは、共産党がいずれ崩壊するということ(いつかは不明)

こんな感じの実態ですしね。
http://www.melma.com/backnumber_45206/ 14日コラム

台湾はいよいよ日本統治下の世代の影響度が薄くなります。(日本語を話す60-70歳台が政権中枢からいなくなる)
国民党候補が勝利するなら(馬英九?)、中国へのすり寄りです。
韓国大統領はもう誰でも構いません・・・すでに北を中国に押さえられ、韓国の自主政策はあり得なくなった。(苦笑)

Posted by: B4 | May 14, 2007 at 12:48 PM

>韓国大統領はもう誰でも構いません・・・
B4さん、言わはるとおりかと。。。
親日法なんち、前近代てしろもん・・・つうか。
政敵をば、追い詰めるに手段選ばず?と観るは、
お人好しでひょうか?
そりは、それとして、防波堤は必要。。。
なんか、ないっしょっか・・・

「中国は敵か、味方か 莫国富著」読了
日本はやがてアジア第二位の国になるから、
こうした現実を受け入れる心構えをもつべきだ。
でなくば、中国を敵に回すぞ。ということを、
オブラートに包んだ、宗主国に逆らうな本でふ。
小泉総理時代の日中軋轢はすべて日本にあると断じてまふ。
文章は、日本人向けに、けんか両成敗的に、
【中共にもマズイ点はあった。】とありまふが、
マズイといってるだけで、責任とは表現してまへん。
一言でいえば、俺様が親切に言ってる間に、
言うこと聞かんと、
【市場をなくすぞ!!!】
言わはってまふ。。。
「日本側にのみ責任あり」抜粋(文脈はそれしかない)
P36にあり・・・
《靖国参拝問題がここまでこじれてしまった原因を分析
してみると、小泉首相や日本に責任の多くを負って
もらうしかないが、中国外交部の姑息な対応にも
問題がある。自分の在任中に問題がおこらなければ
それでよいという発想では、中日外交に横たわる
大きな問題を解決できるはずがない。》
↑↑↑といっけん、オブラートに包んでまふが、
中共の対応がマズイといってるだけで、中共側に
責任ありとは、表現されてまへん。
また、中国市場での指南をされとりまふ。
事例として、日本企業の問題行動をあげとりまふが、
(つけこまれるような行動するモンが、悪いんでふ。
なめてるほうが、悪いのは、当然す。)責任は
日本側にあり、中共側に問題はあっても責任はないが、
全編あふれとりまふ。

Posted by: ぽじ・・ | May 15, 2007 at 02:30 AM

>ぽじさん こんにちは

TBS報道特集の韓国「親日法」の嵐を見ました。
朴正煕元大統領までも遡って裁く?という姿勢には驚きました。(全斗煥も盧泰愚もそういえば贈収賄かなにかで有罪→投獄されたのを思いだします。)

結局韓国も易姓革命なのでしょうか。頭が変っても身体は同じ歴史。 そして、元の頭を徹底的に叩き潰す。

「小室直樹の中国原論」に中国社会の力学が解明されています。

横糸:知り合い→関係→情誼→幇 (右に行くに従って強い人間関係)
縦糸:宗 (血縁)

他人との関係は上記の横糸に相当し、その人間関係がどの段階にあるかによってビジネスが先行きうまくいくか、また賄賂の効果があるかどうか・・・が決まると。
協力体制を作っても、まだ早期の段階では信頼が醸成されていないので、鼻薬に大きな期待をしてはいけない。
お金を渡すことで、日本人は相手が受け取ったことで大きな期待を膨らませてしまいますが、中国ではそれは当たり前の大したことではない・・・という認識。

狩猟民族は他を征服する行動様式なので、自と他の区別をはっきりさせる。自=身内、 他=よそ者=征服すべき対象。
従って、欧米の契約において、他者とは微に入り細にいり事細かな条件を明記した契約書を交わします。
(他人を信用しないベースだから)

中国は、自と他の区別は厳しいのですが、一旦情誼の関係まで深くなると、契約はそれほど重要でない。
(幇まで進むと、これはお互いのために命もかける関係)。しかし それはめったにそこまで行かない関係だそうです。

中国人は自分が中心ですから、中央の共産党が通達を出しても、地方を支配している自分(上海市長とか)が法律ですから、なんとも思わない。
中央に政策あれば、地方にその対策あり・・・と言われる所以です。
契約を交わしても、契約は変更するもの・・・という認識。

この当たりが世界先進国基準ではない部分です。
よって、著作権侵害(他人のものを奪って何が悪い?)、海賊盤コピーも悪びれません。(=飯の種)

Posted by: B4 | May 15, 2007 at 07:45 AM

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070515-00000001-jij-soci

後任は誰でしょうね? NEWS23=プロパガンダ番組の(苦笑)

TBSの報道番組「NEWS23」のキャスターを務める筑紫哲也氏(71)が14日夜、同番組で初期の肺がんであることを告白し、15日から当面の間、休業することを明らかにした。

Posted by: B4 | May 15, 2007 at 08:18 AM

B4さん、ぽじ・・さん、こんにちは。

お二人のコメントは勉強になります。
真実がどうなのかは?ですが、
考えれば考えるほど、このままではダメと思います。
不安感さえ感じています。

筑紫さんの後任は誰になっても
同じような気がしますが、興味津々ですねぇ。

最近、困ったことがあります。
社民党の議員が在日の人に見えて・・・・苦笑。

Posted by: のほほん | May 15, 2007 at 12:34 PM

26土 NHK教育で下記番組がありました。
介護の現場の問題と介護保険・財政の問題を取り上げた2時間番組でした。
番組中に、認知症の老人のためのデイケア・ホームも取り上げられていました。

後日再放送があると思います。(3chまたはBS2)

ご参考まで。

任天堂Wiiで流行りの ”頭の体操”ソフトは試してみると良いかもしれません。


http://www.nhk.or.jp/heart-net/

http://www.nhk.or.jp/heart-net/wide/index.html

http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2007-05-26&ch=31&eid=25059
NHK教育 ETVワイド ともに生きる「みんなで話そう 介護のこれから」

http://www.nhk.or.jp/heart-blog/people/machinaga/index.html
キャスター 町長俊男ブログ

左下 ”認知症キャンペーン”

http://www.nhk.or.jp/heart-net/ninchishou/
認知症 その時 あなたは (認知症の基本知識)


Posted by: B4 | May 26, 2007 at 09:15 PM

B4さん、こんにちは。

いつも有難うございます。
デイサービスも視野に入れています。

NHKの再放送は調べてみます。

Posted by: のほほん | May 28, 2007 at 12:55 PM

ダイハツの軽は試乗していなかったので、体験してみました。
ミラ・カスタム:
DOHC 660cc NA3気筒、 CVT
タイヤ:155/65/R14、アルミホイール
ブレーキ: フロント:ベンチ・ディスク  リア:ドラム

(R2のスペックとほぼ同じです。)

インプレ:

ブレーキの初期制動が甘く、意図した位置では止め難い。
CVTの動作はトルコン的。トラクションを感じにくく、アクセル・オフでのエンブレ効果はほとんどない。
エンジンそのものの振動はR2より大きい。ピックアップと加速は良い。
リア・サスがリジッド系のせいか、車体の安定度は劣る。
重心が高く、接地感・グリップ感が少ない、カーブ・コーナーでは明らかにR2よりも減速する必要を感じる。

ホイールベースは2490mm(R2 2360mm)で10cm長いため、後席足元には十分すぎる
空間があります。

残念ながら、いつもの通り 結論はスバル礼賛となってしまいます(苦笑)
設計思想の違いと、根付いているDNAの差が車の運動性能という形に現われるのでしょうね。

スズキとダイハツの軽の試乗では、やはり軽は所詮乗用車とは違う造りであり、それに合わせた
運転をしなければならない・・・という印象です。
特に市街地での低速走行にフィットする造り。

しかし、スバルのR2とステラに関しては、追い越し加速と長坂をのぼる動力性能を除けば、
一般道・高速とも乗用車並みの操安性能があり違和感なく運転ができると思います。

Posted by: B4 | June 05, 2007 at 02:59 PM

B4さん、お早うございます。

私は見た目でスズキのMRワゴンを
試乗もせずに買っちゃいました・・・・・。
友人のスバルの方が音は静かですし、
全体にしっかりしていました。

次回は、スバルの中から買うつもりです。

Posted by: のほほん | June 09, 2007 at 09:27 AM

のほほんさん、おはようございますでふ。
まいどの羅列でふ。。。

【仮面の隣国・素顔の隣国 新隣国論 武田龍夫著・勉誠出版】
米国・中華・朝鮮半島についての、考察でふ。
人肉食について、記述されてるんですが、以下羅列・・・
孔子が人肉を好んで食していた。
古代の薬草書に人肉の薬効が記され。
つい戦前まで、人血を染込ませた饅頭を食べる習慣が
農村地方に薬用迷信として残っていた。
魯迅は小説で「四千年も人肉を食ってきた国民だ」と記述。
三国志では、戦いに破れた劉備が貧しい猟師の家に寄った
ときに、猟師が愛妻を料理しもてなした。
・・・で、三国志を例に取れば、なにが問題なのかというと、
吉川英治以外の三国志では、削除されていることなのでふよ。
つまり、中華の人肉食に関するエピソードが、
ただ、単に残酷だからという「日本的配慮」により
削除=事実の隠蔽がなされていると紹介されてま。
もっとも、この本でも、指摘されてまふ事件でふが、
中国軍による通州日本人居留民に対する悪魔的惨殺事件を
岩波書店が年表から削除したりしまふから。
「日本的配慮」より、どっちかつうと、
「ある意図」を感じま。よくにいう左巻きの・・・。
ま、それはさておき、この本をば読了して、感じたのは、
《相手の思考回路を知ることの大切さ》
シュミレーションするためには、波の上の氷山だけでなく、
波の下を知ろうとしなくてはならず。その氷山が、どの海から
来てどこへ流されて行くかまで、思考・・・
〔うぎゃ、知恵熱・・・〕
世にいう進歩的左派(社民党含む)どもからしたら、
奇書扱いかも・・・?

【なぜ朝鮮民族は日本が嫌いなのか・杉山徹宗著・光人社】
お互いをよく知り、友好をつう落ちがいまいち・・・
なんじゃけんど、新羅のエピソードがおもろい。
新羅は唐と関係が冷えると、もみ手をして、近寄ってくるが、
唐との関係が好転すると、横柄に。これを何度も繰り返す
ので、日本の朝廷は新羅を信用しなくなり、後には国交断絶。
以降、新羅の隣国渤海とは交易等が盛んに・・・で終わらず。
渤海が交易で儲けると、国交回復を新羅は日本に要求。
それを蹴ると、対馬に私的交易を要求。対馬が国交の無い
ところと、商売できまへんと断るとなんと!海賊に豹変!!
新羅に、取締りを要求すると、交易は交易はとセッツキ。
大和朝廷が国交を樹立シャゼツすると、海賊行為を繰り返す。
この歴史事実は半島の教科書には、もち記載無し。

半島は、千年昔から・・・なのね???かなぁ。

【朝鮮半島最後の陰謀 イジュンシク元在日韓国諜報部員著・
幻冬舎】とにもかくも、半島の民族って、すげぇ、
身分差別がその昔からあって、すっんげぇ、細分化されてると。
ってのが、印象に残りやんした。。。

【増補版日朝関係の克服 姜尚中著・集英社新書】
やんわりと、ソフトケイトされてまふが、その責は、
すべて日本にあって、半島には問題しかない。
その問題の根っこは、すべて日本・・・って、御本?

【街場の中国論 内田樹著・ミシマ社】
この御本、氷山の海面下をよく観て・・・にも、通じる
んすが、その立ち位置が、中華圏の東夷がお奨めだよっての
が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
印象ぶかい論が。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
江沢民の反日教育は、日中政府間でハナシがついていた。
反日ナショナリズムを刷り込まないと中国は乱れる。
乱れると、日本も害を受けるから、我慢しろ・・・みたいな。
ときの政権は、ゲジゲジ眉毛・・・もし、この考察が
あたってると、するなら、千年の国賊やがね、
ゲジゲジ眉毛の政権は・・・
ついでに、↓↓↓
http://www.sassaoffice.com/cm_essay.htm

ゲジゲジ眉毛の置き土産は害なすばかりなり・・・でふ。


選挙・・・消去法で、自民ってのが、情けない。
自治労が票田である限り、民主党では・・・。
年金問題の
http://naga.tv/
長妻議員が自治労から落とされそう(=応援しない)
で。所属してても・・・イレナイ。

がらがらぽん・・・してくれへんかなぁ・・・

Posted by: ぽじ・・ | June 17, 2007 at 04:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31540/15052610

Listed below are links to weblogs that reference ちょっと極端でしょうか?:

« 損きり(再考)。 | Main | いやはや・・・・。 »